電話で有料相談する

アドバイスに違いはあるのか

以前は弁護士費用は30分5,000円と法律で決められていた為、無料相談は見かけませんでしたが、それがなくなってからというものの、初回無料相談を宣伝するところが増えました。
これは第一にマーケティングの要素があります。
弁護士もただ働きだけするわけにはいきませんので、元々宣伝をあまりしなくてもクライアントが常に多い事務所であれば、無料相談を受け付けていない場合もあります。
逆にいえばそれだけ腕が良い弁護士ともいえるので、わざわざお金を払う価値があるのかもしれません。
かといって、無料相談できる弁護士の質が悪いとも言いきれないですし、弁護士も人です。
専門知識や実務経験がどれくらいあるかは気になるところではありますが、相性もとても大切になります。
急ぎでない場合などは複数の弁護士と話をしてみてフィーリングが合う弁護士のところに決めるのもありではないでしょうか。

有料でないと相談できない弁護士もいる

例えば、借金返済などを専門にしている事務所等では、最初から弁護士と話す事ができず、報酬の見込みがあるかどうか、事務や新人弁護士によって話だけ聞いてもらうことになることもあるようです。
その後、事務所が、報酬の見込みがある見込み客に対してのみ無料相談を行うという事もあるそうなので、時間が無い方等は最初から有料弁護士に依頼する方が話が早いかもしれません。
もちろん、多くの弁護士が人助けをしたいという想いから、弁護士という職業を選んだことでしょう。
無料相談を受け付ける事で、費用が高そうなイメージがあった弁護士に気軽に相談できるようになる人は多く、それだけ弁護士もやりがいがあるのは事実です。
しかし事務所の家賃など費用がかかるのもまた事実です。
無料相談しかないとなると、それは事務所存続の問題にもなりかねませんので、ある程度の有料クライアントで手一杯の場合、断られてしまうこともあるかもしれません。